思い出のポップス50,60,70年代の海外・日本のポップス

サイモンとガーファンクル  スカボロフェア

 

珍しい動画を見つけました。

あのアンディ・ウィリアムスと一緒に スカボロフェア の輪唱です。

おそらくアンディ・ウィリアムス・ショーの一部でしょうが 音質もなかなかいいです。

こういう大人の音楽番組て もうアメリカでもないのかも知れません。

スカボロフェアは 歌詞が ムツカシイのです。
よくわかりません。哲学的なのです(笑)

でも こんな歌詞が ヒットするアメリカって、やっぱり凄いです(笑)

 

サイモンとガーファンクル  Simon and Garfunkel   /  スカボロフェア Scarborough Fair

Simon and Garfunkel    Scarborough Fair

サイモントガーファンクル8

サイモントガーファンクル7
サイモンとガーファンクル  スカボロフェア

 


Simon & Garfunkel – Scarborough Fair/Canticle (Audio)


Simon & Garfunkel – Scarborough Fair (Full Version) Lyrics 英語歌詞付き

Andy Williams with Simon & Garfunkel – Scarborough Fair / Canticle 日本語訳詩つき
アンディ・ウィリアムスとの共演です。こんな動画みれるなんて、うれしいです。

<

サイモンとガーファンクル 明日に架ける橋

サイモンとガーファンクルの「 明日に架ける橋」はポップス史上に残る名曲です。
ポップスもこんなに素晴らしいメロディがあるのだと、当時は感嘆したものでした。

1970年といえば大阪万博で ボクが高校1年のときです。
生まれてはじめて 病院に入院していたときですから、
感慨深い曲でした。
 

メロディだけでなく 詩も素晴らしく、
当時の困難に直面した時の慰めとなる曲が多く発表されたが、
この曲は サイモンとガーファンクル の代表曲になりました。

もちろんシングルもアルバムも全米1位獲得しました。
グラミー賞では、最優秀レコード賞と最優秀楽曲賞を含む4部門を受賞し、同名のアルバムも、
最優秀アルバム賞と最優秀録音賞を受賞しました。
本当にポール・サイモンの才能にはたまげます。


最初は サビの部分がなかったそうですが、ポールがふと思いついてプラスしたそうです。天才は違います。
もちろん英語の歌詞ですが、ポール独特の難解な詩なので、
和訳の動画もアップしておきました。
 

サイモンとガーファンクルSimon & Garfunkel  明日に架ける橋 Bridge Over Troubled Water

Simon & Garfunkel   Bridge Over Troubled Water  1970

 

 


Simon & Garfunkel – Bridge Over Troubled Water (Audio)
 


サイモン&ガーファンクル 明日に架ける橋 英語歌詞付 日本語訳付
 


明日に架ける橋 [日本語訳付き]  エルビス・プレスリー
 


Bridge over troubled water 明日に架ける橋 尾崎紀世彦
ボクの大好きな尾崎紀世彦さんです。バラードもうまいですね。

 

<

サイモンとガーファンクル サウンド・オブ・サイレンス

サイモンとガーファンクルは小学校時代からの親友でした。
そしてデビューしたのですが、アルバムは全然売れませんでした。
 

しかし、プロデューサーが『サウンド・オブ・サイレンス(The Sound of Silence)』に
エレキギターやドラムなどを別テイクで加えてシングル発売したところ、
これが大ヒットしたのです。
 

映画 「卒業」でも挿入歌として、使われ、日本でもこの曲から有名になったのです。
 

ぼくもサイモン&ガーファンクルのレコードは「サウンド・オブ・サイレンス」
が1枚目でした。そのメセス・ロビンソンの足のジャケットです(笑)

 

サイモンとガーファンクルSimon & Garfunkel  /  サウンド・オブ・サイレンス The Sound of Silence

Simon & Garfunkel  The Sound of Silence

サイモントガーファンクル3

サイモントガーファンクル1

サイモントガーファンクル2
サイモンとガーファンクル  サウンド・オブ・サイレンス

 


Simon & Garfunkel 映画「卒業」 Sound Of Silence


Simon & Garfunkel – The Sound of Silence – Madison Square Garden, NYC – 2009/10/29&30
有名なマジソン・スクエアガーデンのライブ。なんとヒット回数2000千万回です(笑)
 


The Sound of Silence – Simon & Garfunkel – 訳詞付き
こんな難解な歌詞がヒットしたものです(笑)

 

<

エルトン・ジョン  僕の歌は君の歌

今日はエルトン・ジョンの「僕の歌は君の歌」です。

なぜか エルトン・ジョンが今までアップしていませんでした。
不思議です(笑)
 

英国では ロイヤルが人気ですが、、
ボク的には 英国ロイヤルといえば やはり ダイアナ王妃です。 
なにしろインパクト がありました。
 

そのダイアナ王妃が大好きだった歌がコレです。
 

エルトン・ジョンの 「僕の歌は君の歌 Your Song」 です。
ピアノの引き語りのシンプルな構成ですが、メロディが素晴らしい。
そして曲もいいけど、詩もすばらしい。
歌詞対訳もつけているので見てね。
 

作詞は友人(恋人?)のバーニー・トーピンです。
この曲はエルトン・ジョンとバーニー・トーピンが一緒に暮らしていたころ
の作品で、バーニーが朝食をとっている間、わずか10分間で作曲した、ということです。
 

エルトン自身もこの曲を気に入っており、コンサートでこの曲を必ず演奏しています。
 

英国の女性歌手エリー・ゴールディングも2010年  この曲をリバイバルヒットさせました。
現代風のアレンジです。
ボクは エルトンのほうが好きだけど アップしておきます(笑)

 

エルトン・ジョン  Elton John  僕の歌は君の歌  Your Song

Elton John Your Song 1970

 

 


エルトン・ジョン Your・Song 英語歌詞付 訳詩付き  素晴らしい歌詞です


Elton John – Your Song  なんと1700万回のアップ数です


Your Song – Elton John – 訳詞付き 和訳つき 


andy williams Your Song  僕の歌は君の歌

 

<

ティモシー・シュミット  ソー・マッチ・イン・ラブ

ボクが「ソー・マッチ・イン・ラブ」を最初にきいたのは 
1982年のティモシー・B・シュミットの「ソー・マッチ・イン・ラブ」でした。


たしかタモリの「今夜は最高」といテレビ番組で パイオニアのオーデオのCM曲で流れていたのです。
なんと綺麗でおしゃれな曲だ、と感心していましたが、
でも日本では あまりヒットしませんでした(笑)

 

オリジナルの「SO MUCH IN LOVE」は1963年に
フィラデルフィア出身の黒人ヴォーカル・インストゥルメンタル・グループ、
タイムス(The Tymes)が歌い、なんと全米No.1ヒットになっています。

 

日本ではその後、山下達郎さんのアカペラ・アルバムで
カバーされ有名なりました。
カラオケでも 山下達郎さん名義しか、ありません(笑)
 

この曲はアカペラへのリアレンジが簡単らしくカヴァーがとてもおおいのです。
ティモシー・B・シュミット、山下達郎さん、だけでなく
あのサイモンとファーファンクルのアート・ガーファンクル もカバーしています。

 

ティモシー・シュミット Timothy  Schmit ソー・マッチ・イン・ラブSo much in love

Timothy  Schmit   So Much in Love  1963


ティモシー・B・シュミット  パイオニアCM

タイムス.3
ティモシー・B・シュミット

タイムス.2
タイムス  ソー・マッチ・イン・ラブ

タイムス.4
アート・ガーファンクル

 

 

 


TIMOTHY B. SCHMIT – So Much in Love


Timothy B Schmit So Much in Love YouTube 英語歌詞付
 


タイムス  ソー・マッチ・イン・ラブ
 


So Much in Love / なぎさの誓い [日本語訳付き]   アート・ガーファンクル
 


so much in love / キングトーンズ

 

 

<

このページの先頭へ