思い出のポップス50,60,70年代の海外・日本のポップス

ナンシーシナトラ にくい貴方

今日も ナンシーシナトラ です。

彼女の全米イNo.1の曲These Boots Are made For Walking  
なぜか邦題が「にくい貴方」とは、
日本のレコード会社もセンスありませんな(笑)。
ブーツさん 準備はいい?歩き出すよ”と威勢のいい曲なのに(笑)
 

それはおいといて、彼女の動画で No1ヒット数がコレ、です。
2万回に近い数字です。ほとんどが男でしょうが(笑)

67年当時、ベトナムの米軍兵舎に貼られたピンナップで一番多かったのは彼女だったそうです。
わかります(笑)日本のキャンディーズみたいな感じかな。
 

このお色気たっぷりのこの曲もお父さんのフランク・シナトラ・ファミリーの作曲家リー・ヘイゼルウッドが
ナンシーのために贈った曲です。
また後年、ナンシー・シナトラはリー・ヘイゼルウッドと「サマー・ワイン」をデュエットしています。

ナンシーはイイ曲をたくさんヒットさせているのです。
父親のフランク・シナトラとデュエットの「恋のひとこと」Something Stupidもあります。


「サマーワイン」 「シュガータウンは恋の町」 ディーン・マーチンとのデュエット「初恋の並木道」「バンバン」
みんなイイ曲です。また、アップします(笑)

 

ナンシーシナトラNancy Sinatra にくい貴方These Boots Are Made for Walkin

Nancy Sinatra   These Boots Are Made for Walkin 1966

  

ナンシーシナトラにくい貴方

ナンシーシナトラにくい貴方

ナンシーシナトラにくい貴方

ナンシーシナトラにくい貴方

ナンシーシナトラにくい貴方

ナンシーシナトラにくい貴方

 

 


Nancy Sinatra – These Boots Are Made For Walking (1966 Original) 視聴回数なんと11億回です。凄い。

 


Nancy Sinatra – These Boots Are Made for Walking

 


Nancy Sinatra – These Boots Are Made For Walking  トレードマークの白いブーツです

 


Shake It Up: These Boots Are Made For Walking (Olivia Holt) 現代版ダンスはコレです(笑)

<

ナンシー・シナトラ   恋のひとこと

『Somethin Stupid』は、1967年にリリースされたポップスです。
親フランク・シナトラと娘ナンシー・シナトラのデュエットで人気を集めた歌です。
 

同年のアメリカのシングルチャートで1位を獲得しました。
もちろん父と娘のデュエット曲がチャート1位を獲得するのは極めて異例なことでした。
 

2001年には、イギリスの男性歌手ロビー・ウィリアムズ(Robbie Williams)によりカバーされ、
ヨーロッパを中心にヒットを記録した。こちらもなかなかいいです。
 

歌詞では、ある女性と深い関係になりたいが、
なかなか気の利いたセリフを口にできず苦しむシャイな男性を描いている。
 

二人きりの夜という折角のチャンスも、
「愛してる(I Love You)」なんて馬鹿な言葉(Something stupid)で台無しにしてしまう。
洒落たセリフを毎日練習してるのに、
その時になるといつも出てくるのは「Something stupid like I love you」だけ、・・・なるほど。。

 

ナンシー&フランク・シナトラFrank & Nancy Sinatra   恋のひとことSomething Stupid

Nancy Frank Sinatra Something Stupid

 

ナンシー・シナトラ恋のひとこと

ナンシー・シナトラ恋のひとこと

ナンシー・シナトラ恋のひとこと
竹内まりや版 このイラスト大好きです

ナンシー・シナトラ恋のひとこと
シナトラとナンシーの親子共演 

 


恋のひとこと [日本語訳付き]  フランク&ナンシー・シナトラ


Frank Sinatra Nancy Sinatra- Something Stupid +Lyrics 英語歌詞付


♫ SOMETHING STUPID – Robbie Williams & Nicole Kidman ♫


恋のひとこと  有名な日本人のカバーです(笑)

<

伊東ゆかり 恋する瞳

今回は特別バージョンです(笑)

伊東ゆかりさんが 1965年、17才のとき、
サンレモ音楽祭に 着物姿で登場し、堂々と歌い上げ、入賞しました。素晴らしい。
この動画が残っていることにも感謝です。


ちがう番組で 日本代表で出たようでとてもイヤだったそうです。
入賞しなかったら、帰ってくらな、みたいな世論だったみたいです。
作曲はGORNI KRAMER 作詞はPALLAVICINI VITOというおそらくイタリア人です(笑)
もちろん 伊東ゆかりさんのオリジナルです(笑)

いい曲ですけど、メチャムツカシイ曲です。


それはともかかく、伊東ゆかりさんの癒しの声がピッタリの曲です。
竹内まりやさんが カバーしていますね。解説の中で、
自分の声が「伊東ゆかりさんの声に似ている」といわれて、とてもうれしかった、といってます。
歌手でもそういう感じなんだ、と感心しました(笑)
 

イタリア語と日本語と両方あったのでアップします。
なくなったら、ごめんなさい(笑)

 

 

恋する瞳「サンレモのゆかり」 日本語バージョン

 

当時のサンレモの「伊東ゆかり 恋する瞳」動画は下記デス
https://youtu.be/e0nVMOSH51Y

 

最近の「伊東ゆかり 恋する瞳」動画はこちら
https://youtu.be/jW2RYe_1DqQ

 

<

ジリオラ・チンクェッティ  夢みる想い

1964年のサンレモ音楽祭の優勝曲がこの ジリオラ・チンクエッティ  夢みる想い  です。
当時、イタリアも日本と同じく第2次世界大戦の敗戦国だったので
イタリアの歌手は アメリカなどの歌手と一緒に歌うことが義務つけられたそうです。

 

ジリオラ・チンクエッティはこれが デビューです。
なんとまあ、 観客席からでてきた 女子大生のようです。
 

でも 歌いだすと、さすが 抜群にうまいです(笑い)
現在のように マイクの性能がよくない時代で、です。
 

日本でも 長い間 人気ありましたね。
わかります(笑い)
 

私のお気に入りの歌です。

 

ジリオラ・チンクェッティGigliola Cinquetti  夢みる想いnon ho l’eta

Gigliola Cinquetti non ho l’eta

 


ジリオラ・チンクエッティ   夢みる想い 

 


ジリオラ・チンクエッティ Non ho l'eta 夢みる想い 1964


夢みる想い [日本語]   ジリオラ・チンクェッティ
 


Gigliola Cinquetti – Non Ho L'Età – Eurovision Song Contest Winner 1964 ジリオラ・チンクエッティ   夢みる想い   ヨーロッパ・コンテスト・ステージのライブ


Non Ho L'età(夢見る想い)- Gigliola Cinquetti – イタリア語、日本訳詞付き

<

ジリオラ・チンクエッティ 雨

イタリアの歌姫 ジリオラ・チンクエッティです。
そう、日本は梅雨入りなのです(笑)だから、「雨」を選びました(笑)
 

この「雨」は なんと日本で45万枚が売れた大ヒット曲です。
ジリオラ・チンクェッティは日本では凄い人気で日本語で歌ったヴァージョンもでしあています。
 

特筆すべきは 英語ではなく イタリア語なのです。
有名なイタリアのサンレモ音楽祭での受賞曲です
 

最近は カンツォーネって あまり聞かないですね。
そもそもサンレモ音楽祭って、まだ開催しているのかな?
ボクは好きなのですけど。

 

ジリオラ・チンクエッティ Gigliola Cinquetti  雨 La pioggia

Gigliola Cinquetti La pioggia  (1969)

 

 

 


L`a Pioggia (雨) / GIGLIOLA CINQUETTI  イタリア語過歌詞付


ジリオラ・チンクエッティ 雨 la pioggia japanese 日本語

 


雨 [日本語訳付き]  ジリオラ・チンクエッティ

 

<

このページの先頭へ