ビートルズ ア・デイ・イン・ザ・ライフ

ビートルズの中で 、いやポップス史上 歴史的名盤として名高い1967年発表の
アルバム『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』の中の一番有名な曲です。
 

サウンド面では、ジョン作曲の部分とポール作曲の本来なら2つの曲をつないでいるのです。
この部分をつなぐ、オーケストレーションが凄い発想です。
ストリングスはプロデューサーのジョージ・マーティンが41名のオーケストラを使い、アレンジしたようです。
 

ジョンとポールの声の質が異なるから この曲はバランスが絶妙ですね。
 

もちろん カバーも多いのですが、おすすめは ホセ・フェリシアーノ盤です。
ボクは 当時 彼が来日したとき、聴きにいきました。

10分で終わった最低だったスコット・ウォーカーについで 2人目でしたが、
外国人というか、ホセ・フェリシアーノのレベルの高さに唖然とした記憶があります。

 

ビートルズBeatles  ア・デイ・イン・ザ・ライフA Day in the Life

Beatles  A Day in the Life  1967

 


The Beatles – A Day in the Life
 


The Beatles – A Day In The Life
ボクのお気に入りだったマリアンヌ・フェイスフルが登場します
 


ホセ・フェリシアーノ  ア・デイ・イン・ザ・ライフ  素晴らしいギターワークです

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ